月刊ハコメガネマガジン

好物はカレー。

天気の子が描くものは、僕らが15年前に置き忘れてきたなにかだ。

tenkinoko.com


というわけで、大ヒット御礼中、新海誠監督の「天気の子」を(ようやく)見てまいりました。

いつもであれば、私、「極力ネタバレをせずにこの作品の素晴らしさを伝えるにはどうすればよいか」と頭を悩ませる所存なのですが、今回はネタバレ全開で行きます。まぁこのブログ読んでる人なんてこの広大な世界に片手で数えるほどしかいないと思われますので、大した影響はないと思いますが、万が一まだ見てないという人がいるならば、即刻検索窓に最寄りの映画館を打ち込み、上映スケジュールを確認してください。

その後は、心静かに、昔の、唐突な全能感や、徹夜で夢中になった冒険譚や青春物語の思い出を振り返りながら、映画館に赴くのです。


※若干の精神年齢の後退が見られるため、文章が非常に回りくどく、暑苦しい感じになってます。ご了承ください。

 

続きを読む

ステテコと下着の切っても切れない話

ステテコの下に下着を穿くべきなのか否かという人類の命題がある。

ユニクロはすごい。平成の世に於いて、様々な功績を残し、ファッション界でも数々の偉業を成し遂げてきた。

その中の一つが、「ステテコをファッションアイテムとして確立させたこと」であるのは、あまり反論の余地がないだろうと思う。

そう、昭和から平成にかけて、世のオヤジどもがズボン下やモモヒキと呼んでいたステテコを、なんとまあシャレオツなものに変えてしまったものだと思う。個人的にも、子供心に「ダサい」代名詞であり、自分が大人になっても絶対にあれは履かないでおこうと思ったものだ。

が、自分が大人になってスーツを着たときに、その考えは間違っていたことを知る。

いや、スーツめっちゃ汗かくの。夏とか特に。

ジャケットはまぁ脱げばいい。この地球温暖化で猛暑化の昨今、ジャケットを脱げないなんてただのパワハラである。だがしかし、ズボンは無理だ。暑いからって脱げない。脱いだらただの犯罪者である。

そこで活躍するのがステテコである。パンツより表面積広いじゃねぇか逆に暑いだろと思うなかれ、一枚これがあることで、肌が直接ズボンに当たらない。それすなわち動きやすい、サラサラ。一度これに慣れてしまうともうステテコ無しには戻れない。モテとしてどうかという話は彼方へと放り投げておく。

そう、まさにステテコ革命だったのだ。

だがここで、一つ問題が発生した。

それは、「果たしてステテコは下着か否か」という問題、もっと直接的に言うならば、ステテコの下にパンツを履くべきなのかどうなのかという問題である。ようやく本題に入れた。

ズボンの下に穿くものだという観点からすれば、ステテコは下着であり、下着の下に下着を着用するのはちょっと訳がわからない。そもそも暑いんだこっちは。できることなら履きたくない。

だがしかし、ユニクロの広告等の見る限り、「ステテコ・リラコで出かけよう」などというキャッチーなコピーが紙面に踊っている。ということはステテコは基本的に衣類の立ち位置であるというのか? もっそい下着っぽいけど? あんな防御力の低いものが果たして衣類として成立するとでも?

とまぁ自分の中でこの問題に答えが出ていないのが現状だったのですが。

この度服飾デザイナーの友人に、なんとはなしに話を振ってみた所、やはりステテコはステテコであり、衣類であり、下にちゃんと下着を穿くのが正解であると言われました。まぁそりゃそうか。うん。理解はしたけど僕を野蛮人、裸族扱いするのはやめてくれまいか。

 

というわけで、ステテコを下着無しで穿くのは家の中だけにしようと思います。(穿くのは穿く)

2019年になっても学ぶことは多いという話

新年明けましておめでとうございます。


…という挨拶は一体いつまで有効なのだろうか。という話題は何年か前にやった記憶があるので今年はスルー致します。ぶっちゃけ1月7日現在で、早くも違和感がある。こちとら新年明けてから忙しく遊び呆けていたのだ。全力でお正月を満喫していたのだ。年末に挙げたイベントを一つ残らずこなしたら、3キロもの体重増加と若干の「飽き」が来ました。

お正月イベントも程々にしておかないと、義務感が生まれ始めます。何事もそうですが。

ところで、年末年始にいろいろな人とお会いいたしまして。懐かしい方から、一年間お世話になった方、お前一週間前に会ったじゃねぇかという方まで様々。

久しぶりに顔を合わすと、積もる話に花が咲くわけですが、中には手土産まで持参してくださる仏のような方もいらっしゃいます。

ああお久し振りですどうもどうもいやいや、え、悪いですよこんないただけません、あらーもう悪いですわぁありがとうございますおほほほほと流れるような動作で手土産を頂戴し、何故か若干オネエ言葉になってしまうのは世の常人の常なのでしょう。文章だけ読んで情景が思い浮かんだ貴方は自然です。

いただくものはほとんどがお菓子とか特産品なんですが、やっぱりセンスが出ますよね。

お土産選びって、鉄則として相手の生活環境や、趣味を知って行うものだと思うのです。

初めてお会いする方や、しばらく連絡していなかった方に会うときは、相手の好みがわからない、家族構成もわからない、となれば、常温で持って行って日持ちもするもの、見栄えのするもの…となり、条件に合致するのがお菓子の詰合せ、せんべいやあられとか、クッキーとかチョコになりがちです。いえ、別にディスってるわけではないんですよ。お菓子好きですし。少なくとも「こんなもんもらってもなぁ」ってならないですから。結婚式の引出物の話は今は忘れましょう。

気心が知れている仲であれば、「冷凍だと味が落ちるから冷蔵の広島風お好み焼き買ってきて!8枚!」みたいな要求もできるわけです。いいんですけど、8枚って何。君のとこ奥さんと二人暮らしじゃなかったっけ? 4食分? 冷蔵で? 大丈夫?

中には、ツイッターを見ていて、「これ好きって言ってたから」とかいう理由でピンポイントに自分の欲しいものを差し入れてくれる控えめに言って神様か何かかなと思う人も割といます。

久方ぶりに会う大学の先輩に、そんな神様がおりまして、今回おみやげを貰ったんですよ。

 

 

 

ホント神様じゃないだろうか。

一応解説して置きますと、LUSHのボディーソープです。おたかいんですのよ。

いえ、そりゃ、広島にだってお店はあるんですよ。普通に買えるんですよ。ただね、お店がもうスイーツショップ以上に女性客しかいなくて、チキンな自分は一人じゃ足を踏み入れることすらできないんですよ。いや別に入っちゃいけないわけじゃないんですけど、女性下着売り場と同レベルに入りにくい。女の子と一緒でも若干二の足踏むレベルです。

通販だって、香りを実際に確かめられないから安牌のものしか買えないんですよ。

そんなお高い上に、(個人的に)手に入りにくいものを「この香りいいと思うから使って~」といただいてしまいまして。旦那さんがいなけりゃ惚れてたところです。神か(2回目)

で、家に帰って早速開けてみたらちょっと甘すぎるかとも思えるものの、いい香りです。おおこりゃいいじゃないかと小躍りしたら。


まさかの、ラメ入り。

 

皆さん、想像してみてください。

30代なかばの180cmオーバーの大男が、ラメ入りボディーソープを使って、一日中腕やら足やらが煌めいているその姿を。もう公序良俗に反するとかそういうレベルでなく、近隣に不審者情報が緊急メールで流される勢いですよ。

気持ちはありがたいのですが、そっと先輩へ返品致しました。

よいですか皆さん。

2019年最初の教訓は、手土産は、相手のニーズを推し量れてこそ一流です。


惚れなくてよかった。

 

年末のご挨拶の話

というわけで年の瀬、仕事納めでございます。
皆様本年もお世話になりました。来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


と、形式張った年末のご挨拶を打ち立て、今年の責務も無事終了、オーバードーズした開放感に多幸感が溢れておりますが、皆様年末年始はいかがお過ごしでしょうか。

豊さんのここ数年のお決まりのコースは、ひたすら引きこもった挙げ句に初詣だけ行って、いつの間にか仕事始めを迎えるというもう目を覆わんばかりの悲惨な休みを送っておりましたが、今年はなんと9連休ですよ9連休。社会人になってからそんな休んだ記憶すらないのですが、とにかく長期休暇。流石にダラダラ過ごすのはまずかろうと一念発起、平成最後のお正月は、型にはまったお決まりのお正月を過ごすことを決意いたしました。

というわけで年末年始イベントリスト!

・大掃除する
・おせち作る
・正月飾りをする
・テレビ見ながら年越しそばを食べる
・初詣行く
・初売りで福袋を買う
・麻雀する
・友人と飲む
・ひたすらテレビのお笑い番組を見る

ええ、書き出すだけで夢が膨らみますね! 9連休ってすごい!

ま、独り身で8畳1LDKの我が家でこれをやると、ちょっと孤独に耐えられそうにないので、おとなしく実家に帰ろうと思います。いい加減帰ってこいとお叱りをいただいておりますのでね。ちょっくら豪雪地帯に里帰りいたします。例年は「雪がひどくなったら帰れなくなる!」という危機感もあったのですが、今年は休みが長い分リカバリが効きますから。

もう一つの案で、年末年始ずっと東京で過ごすーとか、温泉宿で優雅に年越すーとかあったんですが、計算したらお金がとんでもない勢いで召されることが判明したので断念しました。地方の中小企業のボーナスでは太刀打ちできなかったよママ。

そんなこんなで、今年の更新はこちらで終了、新年はまたネタを引っさげて参上したいと思います。

全国的に寒さがひどいことになりそうですが、皆様良いお年をお迎えください。