ハコメガネマガジン

辛いものだけ苦手です。

思えば、使用頻度が恐ろしく低いことわざだという話

この正月にかるたをやった。


あまりに久しぶりすぎて、前にやったのはいつだろうと思い返してみたら、小学生の時分に冬休みに百人一首を丸暗記させられた過去が思い返された。ただでさえ短い冬休みに、古文の意味もクソもわからない小学生が百人一首を丸暗記である。私は早々に投げ出し、百人一首を普通のかるたとして遊んでいた。

だいたい、絵面がおかしいと未だに思うのだ。なんで絵が書いてあり、きらびやかな装飾が施された絵札が読み札で、そっけなく字だけ描かれた字札を取るのだ。子供心に絶対におかしいと思っていた。いや、今でも多少おかしいと思っているが。

大人になり、「まぁそういうこともあるわな」ぐらいの気構えを身に着けた今となっては、百人一首というゲームが「絵柄を集めるもの」ではなく、「自らの知識を競い合うもの」であることは認識しています。つくづく私の小学生時代には似合わないゲームです。

その点かるたはいい。小学1年生でも無理なくできる。取り札は可愛らしいデザインであり、多く集めたいと自然に思わせることができる。文章を探さなくても、頭文字さえわかれば探せる。実にシンプルなカードゲームである。キャラクターものだとなおいい。

そんなかるたを正月に従兄弟相手に遊び、小学生相手に30歳のオッサンがマジになるという地獄絵図が広がっていました。アレですね、知識や経験なんかが殆ど必要ない、短期的な記憶力と反射神経の勝負になると、積み重ねた年齢なんか微塵も役に立ちませんね。小学生の反応速度尋常じゃない。

で、その遊んでたかるたっていうのが、よくある「ことわざかるた」だったんですね。頭隠して尻隠さず、とか、馬の耳に念仏、とか書いてあるんですけど、小学生って好奇心強いですよね。取るたびにその言葉の意味を聞いてくる。

そりゃね、こっちだって30歳のいい大人ですよ。ことわざの10や20、楽勝で答えれますよ。…ただ50種類ぐらいともなると自信ないなぁ…どこかに知らない意味の言葉あったりするんじゃないかなぁと戦々恐々していたわけですよ。

で、来ました。

「犬も歩けば棒に当たる」

はお前そんな言葉も知らねぇの文系だろお前っていうか下手したら小学生だって知ってるぞこの雑魚がボキャ貧とかいうレベルじゃねぇぞ一般常識だ一般常識そんなんで社会人している己を恥じるがいいと思われるかもしれませんがちょっと待ってくださいドントステイ。いやドントステイだと意味逆だ。

「犬も歩けば棒に当たる」、ですよ?

このことわざの意味、何?

私の衝撃がわかりますか、当たり前に聞いたことがある言葉だと思うのですが、その意味が分らない。犬が? 歩いて? 棒に当たる? 何だそれ、どういう状況ですか。冷静に考えてわけがわからない。当たらないでしょ。棒。前方不注意がすぎる。

そもそも、犬と棒の間に関連性が見いだせない。河童の川流れ。関連性がある。意味がわかりやすい。豚に真珠。関連性は全く無いけど、これは関連性がないことが意味を持っている。海老で鯛を釣る。これは動詞があることで意味が生まれる例だ。

で、犬、棒、そして歩いてぶつかる…。

分からねぇ…。

そりゃ、スマホを使ってGoogle先生に教えてもらえば正しい知識がすぐに手に入りますよ。しかしこれでも文系の端くれ、それはなんだか負けたような気がする。ない頭を必死に絞って類推してみた答えがこちら。

「人気者でかっこいい(かわいい)犬でも、無防備に外を歩いていると心無い人に棒で叩かれることもあるので、常日頃から気を抜いてはならない」

何ていうんでしょうか。

小学生に伝えるには嫌に現代社会を風刺した意味合いができてしまった。明らかに故事から来ることわざの意味ではないだろこれ。しかし他に思い浮かばなかった。しょうがなくそのまま伝える。小学生は「???」という顔をしておった。うむ。正しい反応である。

とまあながながと「ことわざの意味がわからなかった」という話をしたのだが。結局正解は何だったのかというと、

犬も歩けば棒に当たるとは、でしゃばると思わぬ災難にあうという戒め。また、じっとしていないで、何でもいいからやってみれば思わぬ幸運にあうことのたとえ。

…。

なんでほぼ真逆の意味が一緒くたになっているのかという。

これだから日本語は難しい。

 

「味玉100円が高い」という主張に対して反論する話

「味玉を抱きたい」


春になってもいないのに、また豊がトチ狂ったことを言い出したと思われている。仕方がない。卵ならまだ有機物であり、わずかながらも生命の可能性がある。だからと言って、「抱かれたい」は一般的に考えておかしいのだが、世の中には様々な性癖がある。一概に否定はできない。だが味玉はどうだ。調理された料理である。意味合い的には、ラーメンに溺れるとか、オムレツにくるまれたいみたいなニュアンスを含んでいる。なるほど。ちょっとわかりやすくなった。

まあ要するに味玉とは愛である。全然「要」していないので説明するのだが、味玉ってすごくないですか。なんですかあれ。無限の可能性を感じる。

生卵でもない、ゆで卵でもない。ゆで卵はゆで卵なのだろうが、なんというか、無垢な生卵から、酸いも甘いも知り尽くしたハードボイルドな固茹で卵になるまでの間、つまり人間に例えるならば、感受性豊かな青少年期、小学生から高校生ぐらいの多感な時期に相当する。それが半熟卵なのである。

茹で時間によって成長度合いが変わるところなど、まさに人間の成長過程である。ちなみに味玉には、一般的に女子高生ぐらいが良いとされている。この意見には私も賛成である。

この時期というのは非常に難しい。世の中の多くの親御さんが苦労しているように、多感であるがゆえの好奇心に対し、正しく育ってほしいがゆえの父の愛、そしてそれを見守りながらも理解を示す母の愛、あるいはそれに変わる「何か」。正解などない中で、本人も、そして親も、試行錯誤しながらより良いと思った選択を繰り返しながら、成長していくのだ。

そもそも、卵そのものをとっても千差万別、一つ一つ同じものなどありはしない。からの割れやすさ、黄身の大きさ何もかもが違うスタートで、何もかもが違う成長。そう、一人として同じ人間などいないように、卵たちも一つとして同じ存在などいないのだ。

そうやって茹で上がった卵達。成長を見守り、これぞ食べごろだと思う成長度合いで火を止めた後も、油断は禁物である。

殻割りに失敗してしまえば、その肌を傷つけてしまう。年頃の女性の肌を傷つけるなど、言語道断である。取扱には最新の注意が求められる。

昨今では、まだ無垢な赤ちゃんの時分に、殻に穴を開けてしまう、つまり貫通させることによって、その殻剥きを確実なものとする事ができる器具も販売されている。こういったものを利用するのも一つの手である。卵達の健やかな成長のためならば、必要な出費だ。100円だし。

殻をむき終えた卵、半熟卵であるが、それはもう美しい。シミひとつない肌、水をかければその水を弾き、吸い付くようであり、弾力も適度に柔らかく、誰もが羨むような肌だ。冷静に考えればそれはそうなんだが。卵肌という言葉もあるし。

無垢から成長し、清純。純粋。そんな言葉が似合うようになった彼女たち。そのまま食べてしまいたくなるのを我慢して、次に進む。

そう、半熟卵から味玉への成長、変化。調味液に一晩つけ置くのである。

白い肌が小麦色に変化、言うならば深窓の令嬢から、活動的な部活少女へのクラスチェンジである。このあたり、どちらがいいかについての議論は、もう電車のレールがごとく平行線をたどるのでここでは割愛する。どっちもいいじゃない。部活少女ではなく、ギャルという説もあるが、その説も大いに支持したい。良さ。

このように、様々な困難を乗り越えて、味玉は完成するのである。そこにあるのは紛れもなく作り手の愛であり、この愛を理解するためには、覚悟を持って自ら味玉作りに望まなければならない。ラーメンのトッピングで100円で追加できる味玉ではあるが、その裏に隠された成長を知れば、決して高くない、いや、その成長過程を思えば、安いぐらいだと思うのだ。

艶めく味玉を箸で割りながら、私は味玉を想う。


美味い。

 

本日は通勤途中に2回滑った話

今年の冬は寒いらしい。


もう1月も終わり、2月に入ろうかというこの時期に一体何を今更のたまっているのかと訝しげな視線を向けられる諸兄、貴方は正しい。私とて今更何を言っているんだと自分でも思う。

暑さに弱いからと言って寒さに強いわけではない。そんなことは自明の理である。暑いのが好き、寒いのが好き、と言うのは個人の嗜好の範囲であり、それ自体に是非を唱えるつもりは毛頭ない。北海道で寒中水泳だろうが、沖縄で火鍋を食おうがそれは個人の自由である。だが私は思うのだ。人間の体は、極度の温度変化に耐えれるようにできてはいないと。

「暑ければ暑いほどいいんだよ。そんだけ暑い中で中本の北極ラーメン食って盛大に汗をかく。究極のストレス解消法じゃないか!」
「寒いだけじゃないんだよ。寒いと空気が澄んで、遠くの星もきれいに見えるんだから!」

わかった。わかったから落ち着くが良い。

そも、一昔前の我慢大会のような企画が無くなったのはなぜなのかと一言。空気が澄む、という感覚はわかる。だが、遠くの星が見たいのならば、街頭や明かりの少ない山奥に行くほうが確実ではないのかと二言。いや、否定したいわけではない。快感もロマンも存じてはいる。

「「だからお前も一緒にやろうぜ!!!」」

存じてはいるが断る。


ようやく話を戻すと、ここ近年暖冬と呼ばれていたのだろうが、今年の冬は例年に比べて寒い。「去年こたつ出したけど殆ど使わなかったし、こたつ出すと掃除するのが面倒くさいから今年は着る毛布だけで過ごすか」と12月の頭に考えていたのだが、そんな考えを木っ端微塵に打ち砕かれたのは記憶に新しい。油断してたら風邪を引いた。インフルエンザじゃなかったが、久しぶりにしんどい風邪を引いてしまった。

年が明け新年になり、その寒さは増す一方である。都心は雪で交通が麻痺し、広島も中心街はそうでもないが、私が住むような片田舎は毎日のように雪が降る。幸い、出勤困難になるようなレベルで雪が積もるようなことはないのだが、いやらしく路面凍結するレベルには降ってくださる。おかげで毎日通勤が面倒で、さらに言えば布団から出たくない。

夏の寝苦しい夜と、冬の起きづらい朝。どっちがマシかと言われれば、冬のほうがマシではあるものの。

百花魁、梅の花が開くような春は、まだまだ遠いように感じる。

人と違ったものを持っているということは決して羨ましいことではないという話

リコーダーという楽器がある。


昨今の小学校事情はよく知らないのだが、少なくとも私が小学校の時分は、音楽の授業で扱う楽器はリコーダーだったため、児童全員がもれなくリコーダーを持っていた。

こういった、「授業に使う道具」シリーズの最大の問題は、それがないと授業に参加できず、45分間もの間立ち尽くすことしかできなくなる点だ。体操服然り水着然り、絵の具然り書道道具然り。忘れ物を防止する「明日の準備」という言葉を学ぶこと、それが小学校における大きな役割の一つであることは想像に難くない。

しかし、人間は考え、進化し、そして裕福になると蓄えを作る生き物である。小学校も中学年ぐらいになるとこう考える輩が出てくる。いくら明日の準備をしたとしても、その時点で忘れていたら意味がない。そもそも、先生が言う「明日持って来い」を聞き逃す可能性だってあるではないか。そのリスクを最小限に留めるには、一体どうするべきだろうか。

答えは簡単である。学校に置いておけばいいのだ。

小学生の知恵ながら、真理をついてはいる。学校側に保管のスペースが確保できるならば、使う→その日のうちに洗濯なり洗うなりする→翌日持ってくるの工程を踏むことで、忘れ物という致命的なエラーを回避することができる。

ただまあ、このあたりが小学生の限界とも言えるべき部分で、使う→洗濯や洗浄の部分で早くも挫折する。要するに使った後、筆を洗うのが面倒なのである。冷静に考えると、使った後洗うという行為は至極まっとうで普通の行為なのだが、自分の考えついた方法に酔いしれている小学生は、そこから「とりあえず学校にあれば忘れたことにならない」と論理を飛躍させ、結果的に洗っていない道具たちが学校に放置されるという事態を招くのだ。

大人になった今であれば、「洗ってなければ使えないから忘れるのと大差ないのでは」と思うのだが、小学生にしてみれば、「持ってきてない(=忘れる)ために先生に叱られる」を回避できるだけでいいのである。結局授業に参加できないので怒られる上に本人のマイナスにしかならないのであるが。

話がそれた。要するに小学校の道具というのは、基本的に使ったら持って帰り、また授業で使う際に持ってくるものだという話だ。

だが、この括りに当てはまらない道具が存在する。そう、冒頭のリコーダーである。

私個人の話で言えば、リコーダーという存在が壊滅的に苦手で、友人たちが「宇宙戦艦ヤマト」や「チャルメラ」の音楽を得意げに演奏している中で、ひたすら「カエルの歌」を演奏しているという今思い出しても頭が痛くなる思い出があるのですが、それはそれとして、このリコーダー、使っても別に持って帰る必要がない。

たまにある音楽のテストでリコーダーを演奏しなければならないという全く合格できる気がしないテスト前に家に持って帰って練習するとき以外は、基本的に学校に置きっぱなしである。ちなみに私は持って帰ってリコーダーを練習していたら、親から「夜に笛を吹くと蛇が出るから止めなさい」とお叱りを受け、家での練習が禁止された。上手くなるわけがない。八方塞がりである。

私個人としては、あまりいい思い出がないリコーダーではあるが、女の子のリコーダーを云々という話はよく聞く。リコーダーは構造上三分割することができるため、一番上の、要するに口をつけて吹く部分を自分のものと取り替えてしまうという大変悪質ないたずらと言うよりは、凸レンズもびっくりな屈折率を誇る歪んだ性欲の対象にされてしまったという話だ。

小学校では全員同じリコーダーを購入するので、何か目印でもない限り、わからないのだ。

聞いた話では、クラスの一番人気の女の子のリコーダーを狙って、クラス中の男子がそのイタズラを決行、が、もちろん本物は一本だけであり、結果としてクラス中の男子が男同士で間接キス大会。地獄絵図と化したこともあるらしい。

うちの小学校では、リコーダーの中にラブレターを入れて告白すると絶対に叶うなどという、どの部分の頭のネジが弾け飛んだらそういう発想が出てくるかわからない与太話がクラスを圧巻したこともあり、このリコーダー問題は大なり小なり小学校で問題になることが多いという話。

まぁ。

私の場合、小学校を二回転校したこともあり。

みんながわーきゃー言っている最中で、一人デザインの違うリコーダーを手にカエルの歌を演奏していたのですが。


…別に寂しくないもの。

年越しの瞬間は、必死にコントローラーを振っていた話

年が明けた。


現在は2018年であり、平成30年であり、1月4日であり、お正月気分も抜け切らない時分で、みんなどことなく目の焦点があってない感じでパソコンとにらめっこをしている平日の昼下がりである。

「お疲れ様です」が「新年あけましておめでとうございます、今年もよろしくおねがいいたします」に変わるぐらいで、正月飾りも鏡餅もない我が職場は、至極平常運転で、6連休が明けただけで、何かが変わることはない。しいて言えば、先の挨拶が長くなって若干リズムが狂うぐらいだろうか。まあそれについても明日金曜日に出社すればまた土日、しかも成人の日も加えて3連休、明けて火曜日には「あけおめ」とすら言わなくなるのだろう。

心機一転、一年の計は元旦にありとは言うものの。豊さんの元旦は年越し後、午前2時にやってきた友人と共に朝までアイドルの女の子たちがキャンプをする映像を肴に酒を飲み、若干の仮眠を取り、3時間ほど仕事をして、帰宅後はひたすらエロゲに興じるという、計画もへったくれもあったもんじゃない年明けであった。しかも歳が歳だから初夢を見ることもなく、次の日昼過ぎまで爆睡、見事に寝正月と相成った次第である。

しかもその後友人たちと深夜(明け方)まで麻雀をしたため、年賀状の確認をしたのはまさかの1月3日。届いた年賀状にもれなく「うわこの人年賀状出してないよ!」とツッコミを入れ、コンビニに年賀状を買いに走る始末。去年の自分は「まぁ年明けに来た人にだけ年賀状返せばいいじゃんどうせ暇だし」と言い、今年の自分は「なんであらかじめ用意しとかねぇんだよ、せめて年賀状を確保しとくぐらいはやれよ」と文句を言い合う。年明けから全く生産性がない。

そんな正月休みもあっという間に終了し、晴れて本日から仕事です。さっき言いましたね。

初詣も、無病息災、笑って過ごせますようにとお祈りいたしました。思えば、ガチャ運を上げてくれとお祈りすればよかったなぁと思いましたが後の祭り、別のご利益のある神社でお祈りするとします。

今年もいい年になりますように。

 

 

追伸)
年末年始にやったゲームに感銘をうけたため、ブログ名称を一新しました。

どうもハコメガネです。