ハコメガネマガジン

ゆうなまVRにてムスメ様より命名いただきました。

人と違ったものを持っているということは決して羨ましいことではないという話

リコーダーという楽器がある。


昨今の小学校事情はよく知らないのだが、少なくとも私が小学校の時分は、音楽の授業で扱う楽器はリコーダーだったため、児童全員がもれなくリコーダーを持っていた。

こういった、「授業に使う道具」シリーズの最大の問題は、それがないと授業に参加できず、45分間もの間立ち尽くすことしかできなくなる点だ。体操服然り水着然り、絵の具然り書道道具然り。忘れ物を防止する「明日の準備」という言葉を学ぶこと、それが小学校における大きな役割の一つであることは想像に難くない。

しかし、人間は考え、進化し、そして裕福になると蓄えを作る生き物である。小学校も中学年ぐらいになるとこう考える輩が出てくる。いくら明日の準備をしたとしても、その時点で忘れていたら意味がない。そもそも、先生が言う「明日持って来い」を聞き逃す可能性だってあるではないか。そのリスクを最小限に留めるには、一体どうするべきだろうか。

答えは簡単である。学校に置いておけばいいのだ。

小学生の知恵ながら、真理をついてはいる。学校側に保管のスペースが確保できるならば、使う→その日のうちに洗濯なり洗うなりする→翌日持ってくるの工程を踏むことで、忘れ物という致命的なエラーを回避することができる。

ただまあ、このあたりが小学生の限界とも言えるべき部分で、使う→洗濯や洗浄の部分で早くも挫折する。要するに使った後、筆を洗うのが面倒なのである。冷静に考えると、使った後洗うという行為は至極まっとうで普通の行為なのだが、自分の考えついた方法に酔いしれている小学生は、そこから「とりあえず学校にあれば忘れたことにならない」と論理を飛躍させ、結果的に洗っていない道具たちが学校に放置されるという事態を招くのだ。

大人になった今であれば、「洗ってなければ使えないから忘れるのと大差ないのでは」と思うのだが、小学生にしてみれば、「持ってきてない(=忘れる)ために先生に叱られる」を回避できるだけでいいのである。結局授業に参加できないので怒られる上に本人のマイナスにしかならないのであるが。

話がそれた。要するに小学校の道具というのは、基本的に使ったら持って帰り、また授業で使う際に持ってくるものだという話だ。

だが、この括りに当てはまらない道具が存在する。そう、冒頭のリコーダーである。

私個人の話で言えば、リコーダーという存在が壊滅的に苦手で、友人たちが「宇宙戦艦ヤマト」や「チャルメラ」の音楽を得意げに演奏している中で、ひたすら「カエルの歌」を演奏しているという今思い出しても頭が痛くなる思い出があるのですが、それはそれとして、このリコーダー、使っても別に持って帰る必要がない。

たまにある音楽のテストでリコーダーを演奏しなければならないという全く合格できる気がしないテスト前に家に持って帰って練習するとき以外は、基本的に学校に置きっぱなしである。ちなみに私は持って帰ってリコーダーを練習していたら、親から「夜に笛を吹くと蛇が出るから止めなさい」とお叱りを受け、家での練習が禁止された。上手くなるわけがない。八方塞がりである。

私個人としては、あまりいい思い出がないリコーダーではあるが、女の子のリコーダーを云々という話はよく聞く。リコーダーは構造上三分割することができるため、一番上の、要するに口をつけて吹く部分を自分のものと取り替えてしまうという大変悪質ないたずらと言うよりは、凸レンズもびっくりな屈折率を誇る歪んだ性欲の対象にされてしまったという話だ。

小学校では全員同じリコーダーを購入するので、何か目印でもない限り、わからないのだ。

聞いた話では、クラスの一番人気の女の子のリコーダーを狙って、クラス中の男子がそのイタズラを決行、が、もちろん本物は一本だけであり、結果としてクラス中の男子が男同士で間接キス大会。地獄絵図と化したこともあるらしい。

うちの小学校では、リコーダーの中にラブレターを入れて告白すると絶対に叶うなどという、どの部分の頭のネジが弾け飛んだらそういう発想が出てくるかわからない与太話がクラスを圧巻したこともあり、このリコーダー問題は大なり小なり小学校で問題になることが多いという話。

まぁ。

私の場合、小学校を二回転校したこともあり。

みんながわーきゃー言っている最中で、一人デザインの違うリコーダーを手にカエルの歌を演奏していたのですが。


…別に寂しくないもの。

年越しの瞬間は、必死にコントローラーを振っていた話

年が明けた。


現在は2018年であり、平成30年であり、1月4日であり、お正月気分も抜け切らない時分で、みんなどことなく目の焦点があってない感じでパソコンとにらめっこをしている平日の昼下がりである。

「お疲れ様です」が「新年あけましておめでとうございます、今年もよろしくおねがいいたします」に変わるぐらいで、正月飾りも鏡餅もない我が職場は、至極平常運転で、6連休が明けただけで、何かが変わることはない。しいて言えば、先の挨拶が長くなって若干リズムが狂うぐらいだろうか。まあそれについても明日金曜日に出社すればまた土日、しかも成人の日も加えて3連休、明けて火曜日には「あけおめ」とすら言わなくなるのだろう。

心機一転、一年の計は元旦にありとは言うものの。豊さんの元旦は年越し後、午前2時にやってきた友人と共に朝までアイドルの女の子たちがキャンプをする映像を肴に酒を飲み、若干の仮眠を取り、3時間ほど仕事をして、帰宅後はひたすらエロゲに興じるという、計画もへったくれもあったもんじゃない年明けであった。しかも歳が歳だから初夢を見ることもなく、次の日昼過ぎまで爆睡、見事に寝正月と相成った次第である。

しかもその後友人たちと深夜(明け方)まで麻雀をしたため、年賀状の確認をしたのはまさかの1月3日。届いた年賀状にもれなく「うわこの人年賀状出してないよ!」とツッコミを入れ、コンビニに年賀状を買いに走る始末。去年の自分は「まぁ年明けに来た人にだけ年賀状返せばいいじゃんどうせ暇だし」と言い、今年の自分は「なんであらかじめ用意しとかねぇんだよ、せめて年賀状を確保しとくぐらいはやれよ」と文句を言い合う。年明けから全く生産性がない。

そんな正月休みもあっという間に終了し、晴れて本日から仕事です。さっき言いましたね。

初詣も、無病息災、笑って過ごせますようにとお祈りいたしました。思えば、ガチャ運を上げてくれとお祈りすればよかったなぁと思いましたが後の祭り、別のご利益のある神社でお祈りするとします。

今年もいい年になりますように。

 

 

追伸)
年末年始にやったゲームに感銘をうけたため、ブログ名称を一新しました。

どうもハコメガネです。

引き出物の皿が重いという話

結婚式ラッシュが一段落した。


男は大体28~30にかけて、女は20代中盤にかけて、まあ俗にいう結婚式ラッシュというものが来る。

年齢的なものは世代によっては多少前後するだろうし、自分の前の職場の豪気なやつは「20でデキ婚よ、ガハハ」とかのたまってたし、このご時世に子どもたくさん産んで育ててくれていて、独身の身としては「おーがんばってるなー」と至極まっとうな感想を抱いていた。何事にも例外はあるものである。

自分もあまり社会的な人付き合いをしているとも思わないのだが、何の因果か結婚式に呼ばれることがよくありまして、ご多分に漏れずご祝儀貧乏、引き出物をもらうたびに一人暮らしの家の食器が増えていく。カタログギフトはもはやもらうものがなく、重たい皿は翌日帰る段になって厄介者へと姿を変える。もはや最近は礼服も引き出物もごっちゃにしてコンビニから宅配便で送るという開き直りを呈しており、割れ物が割れればそれはそこまでの運命…などとニヒルに笑ってみるものの、未だ割れた試しはない。日本の宅配業者はかくも優秀である。

引き出物。あんまりこの言葉を聞いて「うわこれ欲しかったんだよやったー!」とならないのは世の常人の常であろう。参加者の最大公約数は、最大公約数でしかない。一人ひとりに合わせるなどということはできようはずもないのだ。

まあ、この考え自体がおかしいことなのは自明の理だ。引き出物の主体はもらう側にあらず。差し出す側の「気持ち」であるが故に。だがややこしいのはそこに日本人的OMOTENASHIの心がぬるりと入ってきてしまう点と、受け取る側にOMOTENASHIされる心があぐらを組んで鎮座している点である。

祝いの席だから、そういったビジネスライクな生々しいところは暗黙の了解で、そこはかとない空気を読んだ結果が微妙な引き出物になるのであろう。みんなそんなもんだという魔法の共有意識がその根底には流れている。

その点、先に上げたカタログギフトなんて言うのは貰いたいものもらいなさいよと商品選択を相手に丸投げしている点で、個人的には好きである。飯を食わない人間はおらず、料理ができない人間はいても湯を沸かせない人間はいないだろう。カタログギフトで即席味噌汁を頼めばよい。

問題はその頼む手間と持ち帰るカタログの重さぐらいではあるが、重さについては重い皿を持って帰るのとそう代わりはあるまい。

うむやはり無難なのではないだろうかカタログギフト。


まあ。自分は何ももらわないのが一番助かるのであるが。お祝いの返礼、プライスレス。

 怒らないから。豊さんだけ披露宴の会場に手提げ袋がなくても怒らないから!

頼まれたことも頼んだこともない話

一昔前に、「推薦状」というものが流行った。


いやまあ、未だに大学(特に理系の)に行くと、就職に際しての推薦状の話なんかが出てくるものだから、別に流行り廃りのあるものじゃなく、コンテンツとして一地位を確立させているものなのだろう。幸か不幸か、自分には30年余り「えん」もなければ「ゆかり」もない言葉だというだけの話だ。

だがここでいう推薦状というのは、そういった、「学校の先生」や「ゼミの教授」が書いた、形式張った、文字を崩しまくって全くもって読めない朱色の印影が捺してあるような格式張った推薦状ではなく、友人やバイト先の先輩、学校の後輩なんかに書いてもらう、いわゆる、より内面やその人の一面を強く押し出した「推薦状」だ。

これがまぁ猛威を奮った。学校の正式な推薦状をはねのけて、AO入試に必須とすらされていたし、自己啓発や啓蒙系のセミナーなんかに盛んに取り入れられていた。

知人に書かせるという点がミソで、頼む本人も相手に相応の労力をかけさせるわけだし、そりゃ自分のことをよく書いてくれる人に頼みたい。必然的に推薦文に記載される内容は美辞麗句に彩られ、マイナスなことも最終的にはプラスに持っていかれる、優しい争いのない世界が展開されるわけだ。

どこかのお偉いさんが、長所だけを見るゆとり教育の権化と評していたが、まぁそれについては何も言うまい。そういう側面があるのも事実だし、自分の長所を他人から褒められることでモチベーションが上がるのも確かだからだ。

推薦文そのものを仕上げる労力もそれなりのものがあり、みんながやたらめったらそんな話をしちゃったもんだから、色々めんどくさくなって廃れたんだと自分は今でも思っているが、他人から見た自分というのをおっかなびっくり見てみたい。そういう欲求があるのは確かだ。

 

地方にそんなニッチな場があるとも思えないのだけども

なんというか、読書会ってのはこんなつまらないものなのかと嘆息した次第である。


そもそも「読書」というものは、基本的に閉じた世界だ。他人とのコミュニケーションは読書という行為の前か後にしかないのであって、そういった意味で、読書におけるコミュニケーションは、随分と限定的でハードルが高い。一般的には、読書の後になされるものが読書のコミュニケーションと呼ばれるからだ。

そしてハードルが高い所以。それは少なからず、「本を読む」という行為がコミュニケーションの前提として求められるからであろう。この「本を読む」という行為を苦手に感じている人は存外に多く、読んでもマンガ、携帯小説ぐらいだ、みたいな人が多い。別にマンガや携帯小説ラノベを読むことを「読書」じゃないと論じているわけでもなんでもなく、現にうちの本棚はマンガだらけだ。寝る前に30分ぐらい何も考えずにマンガを読むのは私の日課でもある。

話がそれた。要するに、活字の羅列を読み進めることが苦手だ、苦痛だ、と思う人が多いという話だ。一方で活字中毒なんて呼ばれている人が一定数いることを考えると、もはや読書は煙草や酒と同じレベルの嗜好品だと言えるのかもしれない。抜け出せなくなったり、のめり込みすぎると周囲にそれなりに迷惑をかける所も似ている。

まぁこれは私の一方的なイメージ・思い込みでもあるから、万人に納得される話でもないことは理解できる。だが、仮にも「読書会」と銘打って、書評を議論する場であると聞かされれば、一体どんな猛者たちが跳梁跋扈しているのかわくわくしながらそこに足を踏み入れるのは、別に間違っちゃいないだろうと思うのだ。しかも書評がメインではなく、読書がメインの読書会である。このご時世にこんなにレトロで盲目的な趣味の世界があるだろうかと期待に胸を膨らませたのだ。

が。

蓋を開けてみれば何の事はない。本は本でも私が期待するような本ではなかった。それだけの話だ。

いや、わかっている。先に上げたように「本」という定義は実に曖昧なものである。漫画も小説も絵本も、なんだって等しく本である。そう、その心づもりは持っていた。別に自分のあまり読まないジャンルの話で花が咲こうと、知見を広げると思えば別に構わない。そう思っていた。

しかしまぁ。

「読書会」で自己啓発本の持ち寄り回し読みはいかがなものかと思うのである。

いやもう書評がどうの、知見がどうのという話ではない。「こういうことが書いてありますどうぞ読んでみて下さい」それは何だ。表紙2と4となんなら帯に書いてあることそのまま読んでるだけじゃないのか。「へぇこんな本が出てるんですね」ぱらぱらぱら。あなたのその行為は書店で平積みされてる本を眺めているのと一体何が変わるんでしょうか。

別にドグラ・マグラについての考察やカフカの暗喩についての話をしたいとか言うつもりもないのだが、せめて自己啓発なら自己啓発で取り扱ったテーマの反証類似の話だとか、経験から来るものだとか、そこらへんの話があってしかるべきだとは思うのだ。しかも回し読みて。金をかけない意識改革は往々にして身につかないものである。

全てを否定する気はないのだけども。

何処かに家畜人ヤプーの世界観について3時間ぐらい議論できる場はないものだろうかと思ったりもするのだ。