ハコメガネマガジン

味噌ラーメンにコーンバターを認めない人もいる

TPOの間違いでTOPって言っちゃうことがあるけど、意味考えたら別に順不同だから間違いではないんだよねと気づいた話

なお、言葉の意味としては間違いじゃないとしても、「単語」としては間違っています。

 

TPOに合わせろ、という大変ありがたいお言葉がありまして。

要するにTime(時間)、Place(場所)、Occasion(場合)に合わせた服装、立ち振舞いをせよ。ということですね。冠婚葬祭の場でよく耳にします。

言う方はね、これ以上なく便利な言葉なわけです。いちいち服の色、種類、形状、アクセサリの有無なんかを指定する必要もなく。バシッと「TPOに合わせた服装で来てください」と一言言ってしまえば良いのですから。

ですが受け取る方はちょっと面食らうことが多いように思います。そもそも、TPOに合わせた服装で来い、なんてことを言われる時点で、「こいつは放っておいたらTPOにそぐわない格好をしてくる」と少なからず思われているわけですよ。失礼な話です。

個人的には受け取り側に判断を委ねつつ、その実言ったほうが判定権を握っているようなこの言葉は、正直好きではないのですが。

先日、職場でソフトボール大会が開催された時に、何を隠そうこの私が発言されてしまいましてですね。

このソフトボール大会という代物、一週間のうち安息日である日曜日に職場懇親の目的で部対抗でトーナメント戦を丸一日かけて行い、夕方からはバーベキューをやらかすという、もうキリスト教徒なら文字通り神に背くような行いでして、別にキリスト教徒でもなんでもないんですけど、この日ばかりは聖人君子の豊さんといえど、発案したやつの頭に旧約聖書落ちてこないかなと不謹慎なことを考えてしまうというものです。

そんな全くもってやる気のかけらもない、休日一日潰してお金も全く出ない、休息も全くできない、本当に存在意義が見つからない日に向けて、「ちゃんとTPOに合わせた格好で来いよ」と念押しされたわけですね。状況説明終了。

さぁ難問でございます。TPOに合わせた? 別にこのソフトボール大会は初参加でも何でもなく、毎年毎年死んだ魚のような濁った眼で参加しておりますし、格好だってカジュアルになりすぎず、さりとて運動する気の全く無いクロックスやジーパンなんかを避け、ごくごく普通の、スニーカーに薄手のヒートテック、ポロシャツ、スエットぐらいの無難な格好で参加した記憶があるのですが、これがNGだったと? マジですか。

となると、どういう格好で臨めば良いのか。「お前なんだその中途半端なやる気は!」というお叱りの意味であるならば、ハーフパンツにハードタイツ、アンダーアーマーにレプリカユニフォームで固めた装備でスパイクまで装備して臨むべきなのだろうか。いや、流石にそれは。アンダーアーマーまでならともかく、ユニフォームやスパイクは流石に持ってないし、買いに行くのも論外。もうちょっと気合に入る格好をしろというニュアンスなのか?

いや待て早計ある。普段こなす筋トレや、一日の長があるバドミントンならまだしも、基本的に豊さんは運動音痴です。正直キャッチボールも怪しい。なんかボールが上に行くんです上に。すごい山なりになるんです。なんでなんですかね。

とまぁそんなレベルですので、もしかしたら「運動下手なくせに運動する格好で来るな」という意味なのかもしれない。冷静に考えたらそっちだろ。最初っから運動する気のない格好でくればチームに組み込まなくて良いから勝率が上がるという話か。

もうここに来て豊さんがソフトボール大会に参加する意義が全くもって霧散したのですが、ようござんす。楽できることに越したことはないでござんす。今年は小生、応援に徹しましょう。

…でも一応意味の取り違えが怖いから、荷物の中に運動用のウェアを入れて、チノパンにスニーカー、上はシャツに軽いジャケットぐらいの格好で臨みました。

ま、何がいいたいかと申し上げればですね、TPOとは逃げの一手なわけです。保険をかけて無難に走る。TPOとは、時と場所と場合に合わせるのではなく、考えられる不足に対応できるだけの備えを確保しておくということです。下っ端はそれくらいの気概で。

会社の最底辺でカブトガニのように目立つことなく生きている豊さんとしましては、波風立たせないことが第一なわけです。チキンと笑わば笑うがいいさ。カニだけどね。天然記念物だけどね! おいしいけどね!!! カブトガニ!!!!

なんで力説に至ったのかは自分でもよくわからないんですが、ひっそり生きるの大好き人間は、そこかしこにいるもんですしね。


…ああ、そういえば結局ソフトボールがどうなったかと言われれば。

「お揃いのユニフォーム作ってやったぞガハハ、一人2,000円な。格安だろうグハハ」

もうホントこいつの頭カインにかち割れればいいのに。

ぺらっぺらの生地で作られた真っ白なTシャツを手に、死んだ魚のような濁った目をして愛想笑いを浮かべる企業戦士の鑑。

世の中は、お世辞と妥協と愛想笑いで回っています。