ハコメガネマガジン

味噌ラーメンにコーンバターを認めない人もいる

「味玉100円が高い」という主張に対して反論する話

「味玉を抱きたい」


春になってもいないのに、また豊がトチ狂ったことを言い出したと思われている。仕方がない。卵ならまだ有機物であり、わずかながらも生命の可能性がある。だからと言って、「抱かれたい」は一般的に考えておかしいのだが、世の中には様々な性癖がある。一概に否定はできない。だが味玉はどうだ。調理された料理である。意味合い的には、ラーメンに溺れるとか、オムレツにくるまれたいみたいなニュアンスを含んでいる。なるほど。ちょっとわかりやすくなった。

まあ要するに味玉とは愛である。全然「要」していないので説明するのだが、味玉ってすごくないですか。なんですかあれ。無限の可能性を感じる。

生卵でもない、ゆで卵でもない。ゆで卵はゆで卵なのだろうが、なんというか、無垢な生卵から、酸いも甘いも知り尽くしたハードボイルドな固茹で卵になるまでの間、つまり人間に例えるならば、感受性豊かな青少年期、小学生から高校生ぐらいの多感な時期に相当する。それが半熟卵なのである。

茹で時間によって成長度合いが変わるところなど、まさに人間の成長過程である。ちなみに味玉には、一般的に女子高生ぐらいが良いとされている。この意見には私も賛成である。

この時期というのは非常に難しい。世の中の多くの親御さんが苦労しているように、多感であるがゆえの好奇心に対し、正しく育ってほしいがゆえの父の愛、そしてそれを見守りながらも理解を示す母の愛、あるいはそれに変わる「何か」。正解などない中で、本人も、そして親も、試行錯誤しながらより良いと思った選択を繰り返しながら、成長していくのだ。

そもそも、卵そのものをとっても千差万別、一つ一つ同じものなどありはしない。からの割れやすさ、黄身の大きさ何もかもが違うスタートで、何もかもが違う成長。そう、一人として同じ人間などいないように、卵たちも一つとして同じ存在などいないのだ。

そうやって茹で上がった卵達。成長を見守り、これぞ食べごろだと思う成長度合いで火を止めた後も、油断は禁物である。

殻割りに失敗してしまえば、その肌を傷つけてしまう。年頃の女性の肌を傷つけるなど、言語道断である。取扱には最新の注意が求められる。

昨今では、まだ無垢な赤ちゃんの時分に、殻に穴を開けてしまう、つまり貫通させることによって、その殻剥きを確実なものとする事ができる器具も販売されている。こういったものを利用するのも一つの手である。卵達の健やかな成長のためならば、必要な出費だ。100円だし。

殻をむき終えた卵、半熟卵であるが、それはもう美しい。シミひとつない肌、水をかければその水を弾き、吸い付くようであり、弾力も適度に柔らかく、誰もが羨むような肌だ。冷静に考えればそれはそうなんだが。卵肌という言葉もあるし。

無垢から成長し、清純。純粋。そんな言葉が似合うようになった彼女たち。そのまま食べてしまいたくなるのを我慢して、次に進む。

そう、半熟卵から味玉への成長、変化。調味液に一晩つけ置くのである。

白い肌が小麦色に変化、言うならば深窓の令嬢から、活動的な部活少女へのクラスチェンジである。このあたり、どちらがいいかについての議論は、もう電車のレールがごとく平行線をたどるのでここでは割愛する。どっちもいいじゃない。部活少女ではなく、ギャルという説もあるが、その説も大いに支持したい。良さ。

このように、様々な困難を乗り越えて、味玉は完成するのである。そこにあるのは紛れもなく作り手の愛であり、この愛を理解するためには、覚悟を持って自ら味玉作りに望まなければならない。ラーメンのトッピングで100円で追加できる味玉ではあるが、その裏に隠された成長を知れば、決して高くない、いや、その成長過程を思えば、安いぐらいだと思うのだ。

艶めく味玉を箸で割りながら、私は味玉を想う。


美味い。