読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白滝ソバおでん風味withハンペン

三十路になった豊さんの日記

いつだって評価の基準は他人である

さむい。


いやまぁ気がついたらすでに11月だし、寒くないわけがないんだが、どうにも「春」と「秋」については、油断しているフシがある。どちらも「冬」と「夏」の延長線上で過ごせてしまうからなのだろう。それで、「夏」から「秋」へ、引き返せないくらい寒くなって初めて「あ、これ冬だわ」となるのである。おまけに風邪をひく。

偉大なる先達は、「いや軽く風邪引いとかないと休むに休めないから、季節の変わり目に体調を崩すのは必要悪なんだよ」とトチ狂ったことを言っていたが、あながち間違ってはいない。先達はいつだって物事の本質を見抜いている。

話がそれた。とりあえず寒いのである。

今はまだ重ね着でなんとかなるレベルではあるが、そのうち家の中で「いやもうこれ一日布団から出ずに過ごしたほうがいいんじゃないのか」と言い出すので何らかの対策をしなければならない。私は暑さにも弱いが寒さにめっぽう弱い。前世は多分熊か蛇だったんだろうと思うレベルで苦手だ。恒温動物としてレベルが低い。

例年であれば基本的にこたつを出していたのだが、最近ふと、「…あれ? これ布団にこもってるのと同じじゃないのか」と気がついた。気がついてしまった。一回入ると出たくなくなるし、全てがこたつ中心の部屋に模様替えされる。その本質は「これ出たくない。動きたくない」である。

これでは電気代がかかるだけで損しているじゃないか。寝っ転がってたほうが楽だし。そのまま寝に入れるし。こたつ入って何するかって言われれば、ぼけーっとテレビ見て本読むぐらいのことだ。寝っ転がっててもできる。

思えば、こたつを出せば掃除機もかけにくくなるしホコリは溜まるし部屋が狭くなる。あれ、これ布団で過ごしたほうがいいんじゃないか!?

という主張をしたところ。「いいんじゃない?」という全く興味を持ってくれない、むしろそんなくだらないことで電話してくるな、なんならそのまま着信拒否リストに打ち込まれそうな低く暗い答えが返ってきたので、もぞもぞと布団から抜け出してこたつを出した。


嗚呼、人は他人なしには生きられないものである。