読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白滝ソバおでん風味withハンペン

三十路になった豊さんの日記

女性に野球ネタは通じ辛い

居酒屋の注文は野球である。


なるほど、と膝を打った。確かに居酒屋のオーダーは打線に似ている。試合展開を読んで臨機応変に代打や代走を掛けるのにも似ている。投手の采配は回によって変わる。セオリーというものがあり、メニューそれぞれには暗に与えられた役割がある。監督は選手を率いてメークドラマしなければならない。ところでメークドラマってなかなかマヌケな語感であり字面ではないだろうか。日常生活で使うにはなかなか勇気がいる単語だ。

さて、そうと決まればオーダーを組まなければならない。残業続きで変なテンションになった私たちは、大いに盛り上がってオーダーを組んだ。


1 右 もろきゅう
2 二 たこわさ
3 三 シーザーサラダ
4 中 刺身の盛り合わせ
5 一 ホッケ
6 遊 手羽先
7 捕 ふろふき大根
8 左 だし巻き卵
9 投 鮭茶漬け

・無難である(同期)
・年寄りくさい。手羽先の冒険しなさ加減がすごい。せめて唐揚げに(後輩)
・置きに行ってる感がすごい。だけどふろふき大根と鮭茶漬けでバッテリーを組ましたのは評価する(先輩)


散々な言われようである。

だがしかし、言われてみれば肉気が無いにも程がある。魚中心のオーダーであることは明白であり、若干の胃のもたれが懸念されているところがにじみ出ている。なんということだ。ここまで性格が出るとは。


ちなみに後輩君のオーダー。

1 中 カルビ
2 遊 タン塩
3 一 ロース
4 右 ハラミ
5 三 ホルモン
6 二 サンチェ
7 左 サーロイン
8 捕 キムチ
9 投 冷麺

・お前これ焼肉屋じゃねぇか(私)
・なんでカルビ一番なの? そういうとこあるよね(同期)
・冷麺かクッパかビビンバかで戦争が起きそうな予感。DHで白飯を入れて欲しい(先輩)

若さ故の過ちが如実に感じられるオーダー。確実に後日胃がもたれる。と言ったら「そう言うと思ってサンチュ入れました」やかましい。いらん気遣いである。


先輩のオーダー。

1 一 タコのぶつ切り
2 遊 えだまめ
3 三 塩ダレキャベツ
4 右 フライドポテト
5 中 焼き鳥盛り合わせ
6 左 唐揚げ
7 捕 もつ煮
8 二 焼きおにぎり
9 投 たこわさ

タコ好きなのが丸わかり(同期)
・バランスはいいんだけど、なんだろうこの違和感…もつ煮?(私)
・ポテト忘れてました(後輩)

無難だなーと思いながらも、最後にたこわさが来るあたりちょっと不思議なオーダー。気遣いだぜ気遣い。とは先輩の談ではあるが、タコ好きの自分が前に出ちゃってる感がすごい。


と、仕事そっちのけで盛り上がっていたら、終電逃したというオチ。

誰か気づきそうなもんだ…。