読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白滝ソバおでん風味withハンペン

三十路になった豊さんの日記

肩こりデイズ

日記

肩こりと付き合うようになったのはいつの頃からだろうか。


三十歳ともなると、段々と身体に不調が出てくる。それは世の常人の常であり、引きこもりだろうがガテン系のマッチョだろうが同じだ。引きこもりには引きこもりの、マッチョにはマッチョの身体的悩みがある。

どちらかと言うと引きこもりというか、ここ最近休みの日に一切家から出ないか会社から出ないかの生活を送っている私は、間違いなく引きこもりの部類に入るとは思うが、室内活動を主にしている人間の身体的悩みといえば、肩こりと腰痛であろう。

座高が高く、もともとの背の高さも相まって絶望的に机の高さが合わない。自然と前のめりになるその姿勢は、腰と肩にとんでもない負荷がかかり、慢性的な肩こりと腰痛に悩まされるというのはよく聞く話ではある。せめても、というところで家ではいい椅子を使っているが、職場となればそうはいかない。別に高い椅子を買ってくれなどとは言わない。100%自費で出すというのに、「決められた椅子を使いなさい」と会社は言う。

その背景には右にならえの日本気質が存在し、一人だけそんな特例を認めるわけにいかないという思いがあるのは分かる。分かりすぎるほどに分かる。だがしかし、その規範は従業員の健康を害してまで守らなければならないものなのかということには疑問を覚える。

椅子一つで何が変わる、と言われればそれまでではあるが、悩んでいる者としては改善される可能性があるものにならなんでもすがりたくなるものだ。10万円の椅子を買ったとしても、その分整体に通わなくて良くなるのならば、数年で確実に元は取れる。

だがまあ、椅子というものは古くから権力を誇示するために位によってその優劣を付けられてきた代表的な物だ。

そう簡単には、ことは運ばないだろうなぁと思いながら、気休めのようにサロンパスを貼る日々は続く。

 

広告を非表示にする